FC2ブログ

黒鬼ブログ

管理人黒鬼の描いたイラストを展示しています。 オリジナル、版権、漫画、等々多数ジャンル有ります。 お気軽にお越し下さい。 御仕事の募集もしております。

≫ EDIT

紅い月と明けない夜

慟哭する少女。
聞こえない山彦。
忘れた筈の悔恨が、不幸せを引き連れてやってくる。
昨日見た夕焼けはとてもキレイだった。
祈るように見上げた世界は、どこまでも余所行き顔で。
みたくても見れなかった心の陰をそっと切り捨てた。
「宝物なの」そう言ってたぬいぐるみを君はもう「ゴミ」と呼ぶんだね。
汚い声で啼く産児。
その首を絞める盲目の幼児。
不自由を感じ始めたのは、自由を見せ付けられてから。
善になり得る悪と、悪になり得る善は、必ずしも、正義の天秤では揺れない。

少女が泣くのは、大好きな母親が死んだから。
山彦が聞こえないのは、両の耳が消し飛んだから。
カラスが自慢げに、猫の首を見せ付けるから、僕もまた自慢げに、父親の首を見せ付けた。
遠くでミサイルが飛んで、どこかで老婆が尻餅をついた。
色褪せない思い出に、価値なんて無い。
誇れる今に、すがる価値なんてない。
気付かないなら、教えてあげようか。
生きている限り、受け入れない事をしない限り、何もかもが真実になり得る。
容喙が趣味の隣人を血祭りに挙げてでも守りたかったアイデンティティ。
闇とともに生きるという事は、闇の中で生きることとは違うんだ。


ヒーローなんて信じないんじゃなかったの?
僕を見てごらんよ。
絶対的な悪意を君にあげる。
答えの無い自問自答に飽きた頃、その箱を開けて。
希望と同一の絶望が降り注ぐ夜。
遍くいきわった死の欠片。
突きつけられて尚理解しようとしない大人。


少女の慟哭は山彦になって、少年の心を揺らした。
耳などなくとも。
震える心はあるのだろう。

餓えに苦しむ少年は、見つけたパンを少女にあげた。
「ありがとう」
その呟きは少年には届かなかったけれど。
少女がぎゅっと抱きついたから。
感謝の気持ちは伝わった。

答えはひとつとは限らない。

見えない答えが真実の場合もある。





生きた証を、君は何と呼ぶ?
歩んだ軌跡を、君は誰と眺める?

灰褐色の空。
瞬く閃光。
血の雨が降り、赤く染まった海はやがて、紅の雲を呼ぶ。

少女の慟哭は鳴り止んだと言うのに。
また、どこかで。
少女が泣き。
少年の耳が千切れる。




小さな夢。
それだって希望になりえる。





「死を、ありがとう」


少年はぎこちなくそう言って、少女にキスをした。
啜られる腸が、せめて、孤児の糧になればと願いながら――

| その他 | 04:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

僕らが抱いてる尊いものに、本当にすがる価値があるのでしょうか

「黒鬼君って、中々心開かないよね」

と、言われた。
イマイチピンとこなかったから、

「どんな時にそんな事を思うのか」

と尋ねると

「なんていうか、どこまで言えば怒るのかとか分からないし、全部一人でやろうとするでしょ」

そんな風に返された。

僕は、それなりに心を開いているつもりだったから。
少し、びっくしりた。

他の人も、僕は心を開かないと感じているのだろうか。
僕の事を、友達と呼ぶには信用に欠けると感じているだろうか。



じゃあ、どうすれば良いのかね。
心を開くって、具体的にどうすりゃいいんだろ。
ぐぐれば出てくるかな?

とうことで今ググって来た。
端的に言うと
「心を価値観念ではなく共認回路=適応回路と認識すれば良い」
との事らしい。
つまるところ。

空気を読めという事なのか。
自分の気持ちを押し殺して、相手が望んだ対応をただとり続けること。
「心を開く事」ってのはそういう事らしい。
今まで思い描いていたのとはまるで逆。
自分が思ってることをそのまま、ありのまま、見せ付けることかと思っていた。



……よくわかんねぇや。

| 日記 | 04:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この世界に 嘘しかないなら こんなに楽な事はないよな

あなたが居なくなっても生きる僕を 許せないといったら笑うでしょうか?
僕がいなくても生きていくあなたを 「悲しい」と言ってはいけませんか?

| 日記 | 03:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なんやかんやとあったとさ

 今日は昼過ぎに自転車で園芸&ペットショップに向かった。飼育しているクワガタのエサが底をついたのだ。道中、バイト先で御世話になったパートさん(Iさん)の顔が見たくなった僕は、Iさんが働くスーパーに立ち寄った。元々欲しいものなどなかったけれど、レジで働くIさんと話をする為に、飲み物を1つだけ手にして、レジに向かった。レジに辿り着く前にIさんが気付いてくれて「あらー」なんて、驚いてくれた。覚えててくれて、よかった。久しぶりのIさんは、とても元気そうで。相変わらずのぽっちゃり具合だった。「元気にしてる?」「絵の方はどう?」と、僕の事を心配してくれるのが嬉しかった。持っていった飲み物も、おごってくれた。少し、悪い気もしたのだけれど、でも、本当に嬉しそうにしてくれたから、行って良かった。

 スーパーを出て、本来の目的地に着くと、クワガタのエサは簡単に見つかった。エサを買った後は、近くのラーメン屋でラーメンを食べた。幾つかの店舗を持っているそのラーメン屋の中でも、その店舗は「味が悪い」との評判で。だけど、僕は別にどの店舗も変わらず美味しく感じた。僕の味覚は変なのだろう。しかしそのおかげでどの店舗でも美味しく食べられるのだから、別段問題は無く、むしろありがたかった。

 ラーメンを食べている最中、家にいる姉に「ラーメンを食べているよ」とメールをすると「ずるい。お前のところだけ集中豪雨に見舞われろ」と返信があった。ここ最近僕は姉に雨男だと思われているのだけれど、今日はまるで雨の降る様子は無かったから「雨など降らないよ。俺は日頃の行いが良いからね」と返して店を出ると、ポツポツと雨が降り出した。呪いってのは本当にあるんじゃないかって、なんかそんな風に思った。

 目的を達成した僕は、その足でブックオフや薬局に寄った。ブックオフは何となく寄っただけなのだけれど、薬局には元々寄るつもりで。メガネのシャンプー、パイプユニッシュ、カビキラーがなくなりかけていたから。ひとまず目当ての物を手に入れた僕は家に帰って、だけどそこで、ツタヤのCDアルバム2枚無料レンタル券がある事に気がついた。

 とりあえず荷物を置きに家に戻り、クワガタにエサを与えていたら、エリザベス(♀)が死んでいた。間に合わなかった。なんだか無性に悲しくて、これは書かなくて良い事なのだろうけど、高校の同級生が死んだ時より悲しかった。ただ、ゴンザレス(♂)は生きていて、エサを近付けるとのそのそとエサを食べに来た。コイツだけは殺したくないなぁ……。しかし、エリザベスの死体をよくよく見ると、足が一本なくなっていた。死因は餓死なのだろうか。それとも、ゴンザレスの襲撃によるものなのだろうか。空腹で殺気立ったゴンザレスの襲撃によってしんでしまったのだろうか。なんにせよ、俺のせいでエリザベスは死んでしまったんだろう……。とても悔しい。ごめんな、エリザベス……。ちゃんと埋めるから、許してくれな。

 その後、ツタヤへ向かった。熊木杏里のベストを借りるのは確定していたのだけれど、もう一枚が中々決められなくて、サンボマスター、ONE OK ROCK、ファンキーモンキーベイビーズ……と色々悩んだ結果、嵐のベストを借りて、後は中古の夕風ブレンド(スキマスイッチ)を買った。その流れで近くのイオンに立ち寄って、明日、明後日の食料を買い込んでから、ホットモット弁当で夕食を買って帰宅。オリジン弁当とホットモット弁当をよく利用させてもらうのだけれど、個人的にはホットモットの方が好き。24時間営業してくれたらいいのに、ホットモット。

 家について、買った中古CDを取り出すと、状態が酷すぎて「これで500円は詐欺だ」と憤慨したけれど、クレームを言う勇気など僕には到底無く、(もう二度とツタヤで中古CDなんて買わないんだからっ!)と心に誓うのであった。そして、ご飯を食べながら昨日やってたワンピースを見て、友達に頼まれていた、けいおんの映画のチケット抽選をしようとローソンチケットで頑張ったのだけれど、なにやらポンタとかいうカードを作らなければならないらしく、面倒臭くなって止めた。たぶん、俺が抽選に参加してもハズレていただろうと思うんだ。ごめんな、ポコ村。

 そんなこんなで、今日は色々ありましたとさ。

 そうそう。年賀状も買ってきました。20枚買ったら1000円もした。一枚50円だというのは知っていたけどさ。やっぱたけぇよ……。

 で、年賀状送ろうと思うんだけれど、前の記事でコメントをくれた「まさ」さん。えーっと、「まさ」って知り合いは何人か居るのだけれど……どの「まさ」!?とりあえず、見てくれていたら詳細きぼんぬです(笑)

 さ。風呂入って寝よう。

| 日記 | 00:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラゴン

そろそろ年賀状のイラストを描かねばな。
と思い立ち。
今日は年賀状のイラストを描いていました。


来年は辰年なので、龍でも描くか――


という事で、描き始めたのは良いものの。
なんだか、年賀状に出てくるような龍ではなく、
どちらかというとドラゴンになってしまいました。
で、ドラゴンだけじゃちょっとアレかなと思って女の子も描いたのですが……。


なんか、わけ分からん事になりました。


まぁ、その辺は実際年賀状を受け取って確認してみてください(笑)
っていうか、1日でこんな進むとは思わんかった。
こういう時はなんだろう、凄く上機嫌です。
次の休みの日には完成すると思うので、とりあえず年賀状買ってこなきゃなぁ。
もう売ってる……よね?

| 日記 | 03:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT