FC2ブログ

黒鬼ブログ

管理人黒鬼の描いたイラストを展示しています。 オリジナル、版権、漫画、等々多数ジャンル有ります。 お気軽にお越し下さい。 御仕事の募集もしております。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『素直な奴ほど傷付いてしまう。皆上手にふざけて生きるのに』

20110219a.jpg


 昨夜は中々眠れなかった。布団に潜る前にとある人のイラストサイトを見たのがいけなかった。公表されているプロフィールによればその人の年齢は自分と一緒。だけど、その人によって描かれた美麗なイラストの数々にどうしようもなく嫉妬をしてしまった。「絵柄は人それぞれだ」とか「絵を描き始めた時期は向こうの方が早い」とか。そんな自慰的思考も虚しく見事に打ちのめされた。完敗だと感じた。憧れというには負の感情を多く含みすぎたその羨望の気持ちはまぶたを閉じて眠ろうとする僕の邪魔をするには充分すぎる存在だった。僕は天才でもなければ、ましてや絵の才能が有る訳でもない。むしろ他人よりも劣っていると感じるぐらいだ。それなのにどうしてこんなにも絵に固執するのかというのは、今やもう自分にも良く分からなくて。でもだけど、ここまで「負けたくない」と思う「絵」っていうものは、最初はどうあれ今の僕にとっては特別なものなんだきっと。元々負けず嫌いな性格だけど寝れなくなるほど悔しい事というのは数えるほどしかない。でも、だからなんだろう。だからといってここまで何もかもを犠牲にしてまで追求するものなのだろうか。そもそも、したいのだろうか。したいかしたくないかと問われたらそりゃあしたい。絵は上手くなりたい。だけど、果たして――。なんてグダグダ考えていたらいつの間にか寝てた。朝起きたら、ちょっと楽になってた。描き途中の絵を、いつもより意識を高めで描いたら中々いいものになって嬉しかった。あと、PCのメモリを増設した。1GBから3GBになってフォトショップの挙動がとても軽快で嬉しい。今までは、A4サイズの用紙に印刷する事を想定したサイズと解像度でで作画を進めようものなら、作業終盤にもなると重くて重くてだめだった。そのファイルを開こうとするだけで数10秒。保存しようとすれば一分以上かかる事もざら。だけど今はそれらがほんの数秒で完了する。こんなに嬉しい事はない。あまりにも著しいペースアップにフォトショップを開くのが楽しく感じるくらいだ。友達がメモリ増設を薦めてくれなければ、未だに無駄な数十秒を過ごしていたように思う。感謝。

 ちょっと長くなってしまった。こんなに時間を割くつもりは無かったのに……。駄目だな。おやすみなさい。
スポンサーサイト



| 日記 | 02:31 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ツクールやってて他の作者さんに嫉妬を覚えたことはありました。
この人はなんでこんなにすごい技術力があるんだろう、
この人の作品はなんでこんなに人気があるんだろうと。
しかし、今の活動をやってく中でそういう感情はなくなりました。
有名作者は下ネタとミリタリーを扱えないじゃん、俺は扱える。
だから下ネタでナンバーワンを目指せばいい!
ミリタリーだって、歴史だってがんがん踏み込んでけばいい!
そこで得られるものが俺の全てだ!…そう考えるように至ったのです。
創作の世界にナンバーワンは存在せず、自分の確固たるジャンルを持てた人間だけが最後に笑えるのです。

というわけで黒鬼さんは自分の確固たるジャンルを確立すべく
アロイス×ランダース(R18)を描くのです。
男性向けのエルフガチBL。
超ニッチゆえに、その唯一性において銀河の果てまで輝くことができるのです。

| ひよこ13 | 2011/02/23 06:46 | URL | ≫ EDIT

>>ひよこ13さん

アロイス×ランダース(逆もまた然り)は王道ですよ(笑)!!
ニッチなのは恐怖の大王×レヒリンとかですよww

創作の世界にナンバーワンは存在しない……。
そうですよね!!もしかしたら、尾田栄一郎大先生の絵よりも黒鬼の絵の方が好きって言ってくれる人が……

いねぇな(笑)
いねぇよ、そりゃ。うん。むしろ居ないでくれww

| 黒鬼 | 2011/02/25 03:48 | URL |

王道はストーリーの流れ的にスペンサー×アロイスですよ!
スペ×レヒ、スペ×エーディット、クル×スペとか、ハール×スペとか、
とにかくスペンサーは汎用性が高いのがミソなのです。

| ひよこ13 | 2011/02/27 06:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kuroonibrog.blog119.fc2.com/tb.php/149-7f81311d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT