黒鬼ブログ

管理人黒鬼の描いたイラストを展示しています。 オリジナル、版権、漫画、等々多数ジャンル有ります。 お気軽にお越し下さい。 御仕事の募集もしております。

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いっそ僕なんか冷たい黒い血が流れてればいいのに。そしたら楽なのに

なのにああ何で。
僕の血はこんな赤く。
どうしようもないくらいに温かいんだろう。

死んだような目で息をしてるだけでも。
悲しいほど、生きてる事に気付いて。
涙が出た。



ランクヘッドはやはり初期が好きだなぁ。
久しぶりに聞いて、鳥肌が止まんない。

そんなこんなで黒鬼です。

いつ、吐く息が白くなるのか。
そんな事を気にしながら12月に突入したのだけれど。
いつの間にか息は白くて。
結局よくわからなかった。

この世界。
意外にも人と知り合う機会がそれなりにあって。
だけど、それは同時に、誰かに憎まれる可能性も、多分に含んでいて。
そんな時僕は、弱弱しくも、泣きそうになる。

人に嫌われるってことは、僕にとって、恐怖そのもので。
怖くて、たまらんくて。
さっきまで本当、一人でガクブルしてたんだ。
友達だって、いつ、僕を嫌いになって、陰口をいうか分からないと思うと。
何一つ、信用なんてできなくなって。
年賀状のメッセージが、途端に書けなくなった。
一人の夜がこんなに寂しいのは、久しぶりだよ。

俺という存在は少しも偉くない。
他より劣っていても。
他より勝っているなんて事はありえない。
そもそも、存在していて良いのかどうかも分からない事を。
何でか忘れてた。
生きていて良いんだって思っちゃってた。
皆が優しくて、甘えてたんかな。
失敗だなぁ……。

高校時代の。
あの薄ら寒い価値観を。
今更になって引っ張り出して。
傷付いたふりで、自分を慰める。
愛されたいなんて、思うだけ無駄なのに。

さっき。
喧嘩してた友達に、謝ってきた。
無くなっても構わないと思っていたつながりを。
必死に繋ぎとめようとする俺は。
他から見たら滑稽でしかないんだろう。

どうせ冗談みたいな人生だ。
滑稽でも良いかな。




今日は雪が降るかもと姉ちゃんが言っていたけど。
結局降らなかった。
雪。
好きだったんだけど。
なんか、前ほど、好きじゃない。
理由はわかってるんだけど。
恥ずかしくてとても言えたもんじゃないやね。

あー。
幸せになりたいなぁ……。

明日は今日より、良い日だったらいいな。
スポンサーサイト

| 日記 | 03:42 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。