黒鬼ブログ

管理人黒鬼の描いたイラストを展示しています。 オリジナル、版権、漫画、等々多数ジャンル有ります。 お気軽にお越し下さい。 御仕事の募集もしております。

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

俺は今、全力かい?

十代の最後。18歳19歳の頃。
「絵を職にする!」
なんて、馬鹿げた夢を掲げて、息巻いてた頃。
右も左も分からなくて。
ただ、絵を上手く描けるようになりたくて。
そればかりに時間を費やしてた。

だけど、上手く時間を取れなくて、ストレスばかりが溜まった。
バイトの時間が、本当に嫌だった。


ある時、依頼が来た。
お金の発生する、本当の依頼。

ドキドキした。
依頼が来るなんて事。
僕とは無関係の次元の話だと思っていたから。
地図と、イメージイラストの作成。

tizu.jpg


sakaba2.jpg

e-i-ryu-geru01.jpg


今まで、キャラクターのばかりを描いてきた僕には、
どれもこれもが無茶な注文だった。
だけど「描いた事無い」なんて、いい訳にしたくはなかったから。
必死に描いた。
どのイラストも、本当に、バカみたいに、時間が掛かった。
だからこそ。
今でも、その当時の事は凄くよく覚えてる。
本当に、一つ一つが難産だった。
その癖、自分的に満足のいく絵が描けなかったから、悔しかった。
実力が伴わないのが、恥ずかしかった。

全てのイメージイラストを描き終えて。
依頼主さんがキャラデザの話を持ちかけてくれた。

キャラデザ。

ずっと憧れていた仕事。誰かが思い描いたキャラを、僕が形にする。
そこには確かに、「協力」という言葉が当てはまると思ったから。

けど、いざ取り組んでみると、思って居たほど、簡単じゃなかった。
というのも、僕の技量が、あまりにも乏しくて。
恐らく相手と、僕の頭にあるであろうイメージを、
どうにも形にできなかったからで。
それは「僕が足を引っ張っている」という、マイナスな発想に直結した。


描いてる当時は、プレッシャーに押し潰されそうで。
辛くて、苦しくて。
そういう思いがいっぱいだったけど。

今、改めて、そのイラストの数々を見直してみると。
確かに絵は上手くないのだけれど。
気迫というか、今の僕には到底ない何かが、込められているように感じた。


e-i-keri-1.jpg

e-i-adaru2.jpg


その後も、幾つかの依頼を頂いて。
無料だったり、料金が発生したり。
様々だったけど、どれもコレも、凄くためになった。
自分の為になった。
……と、思う。


e-i-hoc-zennsinn.jpg

ltn_title.jpg


……なんだろう。
今、俺は、あの時ほどの気力を、絵に注げているだろうか。
絵は、確かに描いてる。
だけど、自分一人描いていたら、どうしても、力を抜いてしまう。
妥協して、「これでいっか」って。
そうなってしまう。

だけど。
ここには書いていないけれど。
絵の展示などを通して、色んな人と知り合ったり。
そういう機会も確かにあった。
自分の事を知ってくれてる人が増えるのが、楽しかった。
お金にはまだ、繋がらないけれど。
僕の絵で喜んでくれる人が、確かにいる事が分かったのが嬉しかった。

以前、ゲームを作ると言ってたけど。
ゲームの一歩手前。
サウンドノベルに妥協した。
今年中にはそれを発表したい。
発表して、その結果で、どうするか決めたい。
僕がこの先、何をどう頑張るのか。




なんだか、妙にセンチメンタルだ。
凄く、久しぶりに。
以前はアレほど嫌だったのに。
今はどうしてか、心地よい。
生きる緊張感。
それを、凄く、強く感じるから。
スポンサーサイト

| 日記 | 05:01 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。