FC2ブログ

黒鬼ブログ

管理人黒鬼の描いたイラストを展示しています。 オリジナル、版権、漫画、等々多数ジャンル有ります。 お気軽にお越し下さい。 御仕事の募集もしております。

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『ひとりごちる』

友達の家にお邪魔して。
朝方の4時過ぎまでダラダラとさせてもらった。
無理させちゃったかなとちょっと罪悪感があったけれど、
自分が楽しかったからそれで良いのかもしれないと言う一面も持ち合わせている俺。

その友達について
「元気が無いみたい」
との情報を貰っていたから、
「よしいっちょ励ましてやるか」
という恩着せがましい気持ちを膨らませつつお邪魔したのだけれど、
逆にこちらが沢山元気を貰った。
情けねー。

絵を褒められるのって、大好き。
その為だけに絵を描いてるといっても過言ではない節もある。
確かに、自発的に「恰好良い絵を描きたい!」と思って筆を取る時もあるけれど、
そういう時は大概、完成せずに終わる。

誰かに褒めて欲しくて、「凄いね」って言って欲しくて描きだした絵は、
比較的描ききれるケースにあるのだけれど。
それでもやっぱり途中で息切れしちゃう事も多々あって。

自分のモチベーションの低さに嫌気がさすよ。


年賀状なんかは、だから比較的楽しく描ける。
渡す相手の事を考えて、こういう絵なら喜んでくれるかな?
とか思いながら描けるから。

でも、自分の為に描く絵は……なんだか寂しい。
というより、つまらない。
誰も居ない公園で1人、演劇をしているような物悲しさがそこには漠然と横たわっているのだ。




ゲームを作り始めたのも、友達に喜んで欲しかったから。

恩着せがましいね、本当に。
反吐が出る。


もっともっと。
自分自身を高めないといけないのだろうと感じる。
描きたいもの、表現したい事、伝えたい事、自分らしさ。

考えれば考えるほど分かんなくなってくるけど、
兎に角もっと、自分1人でも絵を書き続けられるような精神が今の俺には必要だと思う。

その点今日あった友達は凄かった。
素直に尊敬したし、自分もこんな風でありたいなと感じた。
いい刺激をたくさん貰った。
なんだか色んな事が自分とは違う相手だから、
気が合わないのかと思った時もあったけれど、
色んな事が違うからこそ、色んな事に気付かされる。
違う事は悪い事じゃないんだなと感じられて嬉しかった。

だからまぁ、つまるところ自分の弱さや駄目さが浮き彫りになったのだけれど、
それはやはりチャンスなんだろうと思う。
それすら分からなかったら多分、ずっとずっと、ダサいままだ。



どうやったら自分の為に絵が描けるのか、
ちょっと考えてみます。
スポンサーサイト



| 日記 | 05:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |