FC2ブログ

黒鬼ブログ

管理人黒鬼の描いたイラストを展示しています。 オリジナル、版権、漫画、等々多数ジャンル有ります。 お気軽にお越し下さい。 御仕事の募集もしております。

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『独白』

知ってる人もいると思いますが、私の病気は治りません。
治療法が無いみたいです。
いつか、歩く事も、立つ事も、話す事もできなくなると、お医者さんに言われました。

この一年で、当たり前にできてた事が、一つ一つできなくなっていきました。
夢の中では友達と喋りながら歩いたり、バスケをしながら思い切り走ったりできるのに。
目が覚めると、もう自由に動かない体があるのです。

毎日が変わってしまいました。
転ばないようにどう歩いたら良いのか。
どうすればお弁当を早く食べれるのか。
どうすれば人の視線を気にしないで良いのか。
一つ一つ頭の中で考えなきゃ、生きてけません。

高校に行って、大学に行って、仕事をして。
そんな風に思い描いていた未来が、0になっちゃいました。
生きていく道が見つからなくて、小さな希望の光も見えなくて。
病気になったせいで、私の人生は壊れてしまった、って。
何度も思いました。

でも……でも、悲しいけどこれが現実です。
どんなに泣いても、病気からは逃げられないし、過去に戻りたくても時間は戻せないし。
だったら、自分で今の自分を好きになってあげなきゃって、そう思いました。
だって、この体になってから始めて気付いた事が沢山あるから。

側に居てくれるだけで、家族ってありがたいんだなぁとか。
さり気無く支えてくれる友達の手が、凄く温かかったりとか。
健康な事がそれだけで凄く幸せな事とか。
病気になったからって失うばっかりじゃありませんでした。

この体の私が私だ、って。
障害っていう重荷を背負っている私が、今の私なんだ、って。
胸を張って生きていこうと思いました。

だから、養護学校に行くことは、自分で決めました。
皆とは生きる場所が違うけど、これからは自分で選んだ道の中で、一歩一歩、光を見つけたいから。

……そう、笑って言えるようになるまでに、私には少なくとも1リットルの涙が必要でした。
だからもう私はこの学校を離れても、何かが終わってしまうなんて絶対に思いません。
皆、今まで親切にしてくれて本当にありがとう。



--------------


共感できる部分も、尊敬できる部分も。
本当に沢山詰め込まれた独白だった。
俺もこんな風に強く生きたい。
病気に負けないように、強く生きたい。
スポンサーサイト



| 日記 | 04:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |