FC2ブログ

黒鬼ブログ

管理人黒鬼の描いたイラストを展示しています。 オリジナル、版権、漫画、等々多数ジャンル有ります。 お気軽にお越し下さい。 御仕事の募集もしております。

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『嘲笑』

最近、仕事中に特定のお子様(女の子)にクスクス笑われる。
その子がお兄ちゃんに何かごにょごにょ口添えすると、
お兄ちゃんはチラリとこちらを見、クスクスと笑った。
最後に女の子はお母さんにまたごにょごにょすると。
母親も僕を見てクスクスと笑った。

女の子はずっと僕を見てる。
クスクス笑いながら。

……何だろうね。
胸糞悪い。
小さい頃からそういう経験はしてきたけど。
久しぶりだよ……。
高校以来。
馬鹿にされて、笑われて、変なあだ名付けられて、見下されて。
他人を笑えるような人生もろくにおくってないゴミみたいな人間に笑われるのは、
何より屈辱だった。

いじめられた事ある人なら分かるだろうけど。
どこかで笑い声が聞こえると過敏に反応してしまう。
(俺の事笑ってるんだ)
っていう、自意識過剰な思考。
未だに消えないね。
他人の嘲笑が怖くてたまらない。
相手が例えどんなにクズみたいな奴でも、トラウマ的に体が震える。
幼少期の体験っていうのは、本当に後引くよ。
分かる人にしか分からないだろうけど。

そしてそれは尋常ならざる劣等感をもたらす。
まるで自分が「えた」や「ひにん」のように感じてきて、
存在していてはいけないんじゃないかと思考する。
憎しみよりも、自殺願望が膨らむ。
外を歩く事さえ怖くて。
道行く人全てが自分を笑ってるんじゃないかと思う。
誰も俺なんか見て無いのに。

大袈裟だと思うでしょ。
そう思えたら幸せだよ。
どうかそのまま生きて欲しい。

俺を愛してくれる人が1人でも居たら。
そして俺もその人を愛せたら。
きっと怖いものなんて何も無いんだろうな。
誰に笑われたって「ご苦労様」って笑い飛ばせるんだろうな。

俺はずっと1人だから。
未だに他人が怖くてたまらない。
誰も守ってくれないから、自分で自分を守るしかない。

本当に生き辛い。
スポンサーサイト



| 日記 | 02:44 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |